低用量ピルには色々と種類がありますが、その中でもトリキュラーが有名です。ピルは避妊効果だけではなく、ホルモンバランスを整えて生理周期を改善する効果もあります。当サイトでは低用量ピルについてご紹介していきます。

  • ホーム
  • 低用量ピルが女子に人気の理由とは

低用量ピルが女子に人気の理由とは

スマホを見ている女性

低用量ピルは、1999年頃に初めて国内で認可をされましたが、多くの場合、ピルを服用することは、「避妊のため」という認識にとどまっているようです。
低用量ピルの効果とは、避妊だけではなく、女性にとって心身のバランスをコントロールし、健康に暮らしていくための嬉しいメリットがたくさんあります。
なかでも、女子の悩みのなかでも、もっとも多い「PMS」に、低用量ピルは効果的です。
月経前のイライラや憂鬱、体のだるさ、涙もろくなる、精神的に不安定になるなどの症状がある「PMS」は、その原因が生理だと気付かずに、自分を責めてしまったり、なかには抗うつ剤を服用してしまったりする方もいらっしゃるようです。
「PMS」は、急なホルモンバランスの乱れが原因となって起こる症状ですので、低用量ピルを服用することに症状を軽減することが可能です。
現代は、多くの女性が働く時代になっていますが、生理前になってイライラしてくると、お仕事や人間関係にも支障をきたしたすということもあるようです。
「生理前になってきたらイライラしてる」と感じている場合には、一度低用量ピルを服用してみると良いでしょう。
そのほかにも、低用量ピルには、月経痛の緩和や月経周期を安定させるなどの効果があります。
また、低用量ピルが多くの女性から人気となっている理由は、女性ホルモンの代表ともいわれる「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類のホルモンがバランスよく含まれていることにより、お肌をきれいにしたり、髪の毛の艶や潤いをキープするなどの作用があると言われています。
バストアップやアンチエイジング効果も高く、生理痛などの痛みから解放されることによって、気持ちも明るくなりますから、表情も柔らかくなっていくという効果もあるでしょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧