低用量ピルには色々と種類がありますが、その中でもトリキュラーが有名です。ピルは避妊効果だけではなく、ホルモンバランスを整えて生理周期を改善する効果もあります。当サイトでは低用量ピルについてご紹介していきます。

  • ホーム
  • 低用量ピルのマーベロン21を始める時と再開する時

低用量ピルのマーベロン21を始める時と再開する時

女性にとって生理は憂鬱ですよね。
毎月その時期が来ると何となくイライラしたり気分が落ち込んだり、または食欲が止まらない、肌荒れが起こる、といったマイナスの症状が現れる人も多いのではないでしょうか。
最近ではこいった症状を、PMS(生理前症候群)と言われ、さまざまな改善策が提案されてきています。
食生活の改善や睡眠など、普段の生活で改善を図るものもたくさんあります。
しかし、こういった生活スタイルを変更が難しい人も少なくないようで、低用量ピルがPMSに効くと女性の間では知られています。
低用量ピルと聞くと、避妊のために服用するというイメージを持たれることもありますが、実は婦人科やクリニックでもPMSの改善として処方してくれるのです。
そんな低用量ピルのなかでも一般的に多くの人が利用しているのが、マーベロンです。
このマーベロンという種類の低用量ピルには2種類あり、そのうちの一つがマーベロン21。
この数字は錠剤の数を表しています。
21日間連続で1日1錠ずつ服用し、その後の日間は何も飲まないという仕組みです。
1シートに21錠入っており、間違いなく1日1錠ずつ飲むことが大切です。
このサイクルによって、生理不順が改善されることもあります。
もちろん初めて飲む人は不安もあるかもしれませんが、まずは生理の初日に飲み始めると良いでしょう。
また一度低用量ピルの服用をやめて再開する場合も、このサイクルを必ず守る必要があります。
このように聞くと何だか面倒だと感じるかもしれませんが、サプリメントと同じ感覚で飲めるので気軽さはあります。
PMSや生理不順、生理痛が重く悩んでいる人にはおすすめできます。
実際に改善されたという人もとても多いです。

関連記事