低用量ピルには色々と種類がありますが、その中でもトリキュラーが有名です。ピルは避妊効果だけではなく、ホルモンバランスを整えて生理周期を改善する効果もあります。当サイトでは低用量ピルについてご紹介していきます。

  • ホーム
  • 高品質で安全な低用量ピルの入手方法と内診の必要性

高品質で安全な低用量ピルの入手方法と内診の必要性

スプーンに上にあるカプセル

低用量ピルは、高い避妊効果が得られる薬として、多くの女性が服用し続けているものです。
そもそも避妊効果が得られるメカニズムですが、低用量ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンと呼ばれる2種類の女性ホルモンが含まれています。
そしてそれら2種類の女性ホルモンを外部から摂取する事により、女性の身体の周期を操っている脳下垂体に対し、既に身体の中には十分な女性ホルモンが存在していると、思わせる事が出来るのです。
その結果、卵巣が働くのを止めて排卵が抑えられるために、避妊効果が得られる事になります。
ただし低用量ピルで高い避妊効果を得るには、定められた通りの順番で、毎日正しく服用し続ける必要があるのです。
更に当然ですが、高品質で安全な低用量ピルを手に入れる必要があります。
もっとも国内の医療機関で受診し、処方されている低用量ピルは高品質で安全性の高い物がほとんどなので、特に問題はないです。
ですが注意が必要なのは、個人輸入という形で外国の低用量ピルを入手する方法です。
その場合、病院で診察を受ける必要がない上に、安い海外からの輸入なので、格安で手に入れる事が出来ます。
ですが中には偽物だったり、粗悪な薬が紛れており、そういった物を購入してしまう危険性があるのです。
なので安全確実に避妊効果を得たいのならば、国内の病院で受診してから処方して貰うという方法をおすすめします。
ただし国内の病院で処方して貰う際に、内診を行う病院とそうでない病院があるものです。
イメージ的には、内診を行う病院の方が安心感が増すものですが、実際の所、低用量ピルの効果や安全性を知る上では、内診は特に必要ありません。
なので内診を行わない病院は、低用量ピルを処方して貰う上で信頼性が低いといった事はないです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧